出光美術館「書の流儀」に行ってきました | ブログ|音楽家のしごと塾

ホーム ブログその他コラム出光美術館「書の流儀」に行ってきました

出光美術館「書の流儀」に行ってきました

KIMG0969 (480x640)

こんにちは。おんじゅく代表(=音楽家のしごと塾) のじま えみ です。

昨日、東京丸の内にある、出光美術館で開催中の展覧会「書の流儀」に行ってきました!

 

展示してあるのは、写経に手紙に掛け軸・・・・

恥ずかしながら、私は「書」というものの善し悪しが全くわからず、

解説に「この美しさは稀にみる・・・」と書いてある、かな文字を見て、

 

「みみず・・・・?」

 

っとこんな有様で(^_^;)

しかしそんな私でも、この展覧会はとても楽しめました。

それもひとえに、

美術館の企画構成力にあると感心した次第で・・・(#^.^#)

 

というのも、この展示会、

私の様な素人に、書の世界の手ほどきをしてくれるような内容になっているのです

展示室ごとのストーリー性、解説文や展示物の構成に工夫が凝らされているのは、さすがの一言!

 

作品の善し悪しは残念ながらよくわからなくても、

解説をよんで、

時代背景とか、当時の書の位置付けなんかを、

「なるほどー。」「そうだったのねー。」

といちいち感心しているにつれ、

 

なにやら知的好奇心が満たされる快感が生じてくるのです。ムフフ・・・

そして、天下の美文字をみみずと勘違いするような私でも、

「あー面白かった。来てよかった♪」と、とてもさわやかな気持ちで展覧会を後にしたのでした。

 

あっ、ひょっとしてこういう感じ、音楽会も同じかもしれないな。

 

クラシック音楽会に来る人の中には、

演奏より、トーク(曲解説など)を楽しみにしている人が案外多かったりして・・・(^_^;)

(そうそう、さっきの展覧会でも、作品より解説の前の方が人が多いシーンがあり、思わず笑ってしまった。)

 

よし!

次の演奏会では、ピアノの練習だけじゃなくて、トークも気合入れますか!(^^)!

と、思わぬ示唆を得たのでした。

 

この展覧会は2016年2月14日まで、東京丸の内の出光美術館で開催されています。

ご興味があればぜひ訪ねてみてくださいね♪

 

それでは今日はこの辺で!

今日も素敵な音楽を奏でましょう♪

 


“出光美術館「書の流儀」に行ってきました”へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です