完売御礼 ふたりのフランツ | ブログ|音楽家のしごと塾

ホーム ブログ演奏会のご案内完売御礼 ふたりのフランツ

完売御礼 ふたりのフランツ

本公演は完売いたしました。たくさんのリクエストをいただき、ありがとうございました。(当日券のご用意はありませんのでご注意ください。)

こんにちは。おんじゅく代表 のじま えみ です。

2018年12月16日(日)、松濤deクラシック「ふたりのフランツ」に出演いたします。

ご案内と、音楽活動の近況のご報告をさせていただきます。

さて、最近私は重量級のベビーカーを押し押し(2歳近い女子は重い…(^_^;))、

子どもの習い事などで日々駆け回っておりますが、そんな日々を送っていると、

これまで自分を導いてきてくれた親や師、諸先輩方の存在のありがたさが身に染みてきます。

その方々の想いや、(私の為に割いてくれた)時間を無駄にしてはいけない、

「しっかりしないと」と、くじけそうになる時には自分に言い聞かせております。

今年は春と夏に、故郷の三重と名古屋で演奏会をさせていただきました。

ファジル・サイのジャズ風トルコ行進曲もレパートリーに入れてみたところ、

見識の高い聴衆方の前での演奏には勇気がいりましたが、

いらっしゃっていた諸先生方から「面白いわね」と言っていただけてホッとしたものです。

また、かねてより私が取り組み続けているリストの作品に関しては、

ベートーヴェンの交響曲を編曲したものや、晩年のやや陰鬱な作品にも目を向け研究を始めたところです。

特に前記の方は、いかに多彩な音色をピアノから引き出すかという点で、大変勉強になっています。

ご案内させていただく12月公演でも、披露させていただく予定です。

00010001

さて、そんななかでございますが、12月16日(日)シューベルトとリスト、ふたりのフランツをテーマに、

演奏会をさせていただきます。共演の藤本さんは、昨年シューベルトの即興曲を中心に据えたリサイタルで、

本物志向の素晴らしい演奏と、シューベルト愛に溢れたトークを披露してくれました。

常に作曲家と真摯に向き合う彼女の姿勢は、私の尊敬の対象です。

私の方は、リスト晩年の精神性の高い作品の他、長年弾き続けているラ・カンパネラも、

新鮮な響きでお届けしたいと思っております。

ベルリン芸大のレーマン教授やNYマネス音楽院のローゼンバウム教授をはじめ、

たくさんの方からアドヴァイスをいただき、力を貸していただき、この日を迎えます。

全ての出会いに感謝して…ぜひぜひ聴いていただきたいと思います。

ご来場いただけるようでしたら、当ホームページ問い合わせフォームよりご一報いただけたら幸いです。

動画↓ (今年5月公演のリハーサルの様子です。)

皆様と会場でお会いできるのを楽しみにしております。

それでは今日はこの辺で!

今日も素敵な音楽を奏でましょう♪


“完売御礼 ふたりのフランツ”へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です